もう出資馬の出走がないので、私の2019年はおしまいです。色々懐かしい気持ち感じながら来年への期待を込めて振り返り。

まずは今年の成績。

正確には地方馬ザントブリッツの2戦0勝を加えた35戦6勝で2019年は終了しました。

総括としてはとにかく故障やら馬房調整やらでなかなか出走すら出来ない馬が多く、「順調に出走する=すごいこと」ということを身に染みて感じました。また掲示板率は60%だったもののなかなか勝ち切れずモヤモヤも溜まりました。そしてそれ以上に一口馬主を中心にした生活をとても楽しめた1年でした。

3歳世代(14戦3勝)

グリッサード(5戦1勝)
父シンボリクリスエス 母アンナヴァン
シルクホースクラブ

2月デビューして7月までに5戦する健康優良児が、その7月のレースで外傷を負ってそのまま年内出走出来ず。11月末にしがらきに戻って来て馬房調整待ち。来年も元気にたくさん走ってくれればと思います。


スイートセント(4戦2勝)
父ワークフォース 母ヒカルアマランサス
シルクホースクラブ

4戦全て1番人気と期待感満載の1年でした。2連勝からの2勝クラスで足踏み。ただ「前が壁!」になった前走はともかく、前々走は勝ち馬から0.1差の4着。血統的にまだまだ成長が見込めるため、2勝クラス、3勝クラスを勝ち上がってオープン入りを期待しています。


グランデストラーダ(3戦0勝)
父ハーツクライ 母レジェンドトレイル
シルクホースクラブ

特に馬には何も問題がないのに厩舎都合で待たされた1年でした。転厩初戦を含めて近2走は大敗。血統的には絶対にもっとやれるはずなので、転厩先の上村先生にたくさん使ってもらえるよう期待するしかないですね。(成績的にはあと1,2走で最低限の走りを見せないと…)


ジュピターズライト(1戦0勝)
父ハービンジャー 母サトノジュピター
シルクホースクラブ

長い長い骨折休養でした。素質的には上のクラスで十分にやれると思っています。調教の動きも良さそうですし、年明け1月5日からの快進撃に期待です。連勝して重賞取っちゃって良いんやで。


プラムストーン(1戦0勝)
父ヘニーヒューズ 母ディフィカルト
シルクホースクラブ

全く順調にいかず、記念出走して引退。元気な仔を産んでくれたら、、と思っていましたがノーザンから即売却されてしまい、その夢を見ることすら叶わず。勝たなければこうなるんだ、という一口馬主の厳しさを教えてくれた1頭でした。


2歳世代(21戦3勝)

スノージュエリー(4戦0勝)
父ウインバリアシオン 母サクラバーベナ
広尾サラブレッド倶楽部

7月デビューから元気に4走。掲示板は1回だけだったものの、掲示板を外れたのはいずれも出遅れ。相手関係が良ければ勝ち上がりも期待出来るかなと思っています。デビューから体重も増加傾向で、いま成長期のようです。ただ4走して騎手/調教師ともに適性がはっきりしていないのはどうなんでしょう。。


レッドヴェイパー(3戦1勝)
父キンシャサノキセキ 母レジェンドトレイル
東京サラブレッドクラブ

この世代1番手として6月デビューして勝利。函館2歳Sの重賞初出走は今年1番のワクワク感でした(負けた時の落ち込みも壮絶でした)。2歳時点で回収率約150%という本当にありがたい1頭。ここまで410kg台でレースをしていましたが、現在の体重は445kg。体調は良さそうなのでもう1つ、2つと勝ち星をあげてほしい。


コバルトウィング(3戦1勝)
父クロフネ 母レースウィング
シルクホースクラブ

萩原調教師も期待の1頭(もちろん私も期待大)。脚元の不安はあるものの約2カ月に1度とコンスタントに出走。上がり3Fは3戦全て最速。1勝クラスは次で卒業して、3歳ダート戦線の中心で活躍してくれるでしょう。


ブリジャール(3戦0勝)
父ブラックタイド 母ボシンシェ
シルクホースクラブ

惜敗続き。9月から12月で3戦してまさか勝ち上がれないとは。。脚元に不安がある馬なだけに、早めに勝ち上がってゆっくり使える状況になることを願っています。


ジャストポケット(3戦0勝)
父ジャスタウェイ 母キーポケット
ターファイトクラブ

迷走している1頭。デビュー前はダート短距離と言っていたのに芝1,800デビュー。2走目はダート1,800、3走目は芝1,600、そして次走は芝中距離予定。現状力不足かつ出遅れ癖ということで、なかなか厳しい状況。どこかで急成長を見せてほしい。


レッドアダン(2戦1勝)
父ルーラーシップ 母レッドジゼル
東京サラブレッドクラブ

2戦目で堅実に勝ち上がり。この世代の芝中距離はレッドアダンにかかっています。上のクラスでも十分通用しそうですし、次走次第では皐月賞を目指せるのではないかと夢を見ています。


ザントブリッツ(2戦0勝) ※地方
父サウスヴィグラス 母プンターレ
ターファイトクラブ

3着,2着と来て次走は、、と期待が高まる中での故障。既に回復して調教開始、復帰戦は2月予定とのこと。大好きな大井でたくさん走って着実に稼いでほしいと思います。


フレジエ(1戦0勝)
父ハービンジャー 母ヒカルアマランサス
シルクホースクラブ

デビュー戦で大敗後、特に何か良くなることも悪くなることもないまま1カ月以上が経過。次走がいつ頃かも分からず。。成長待ちでしばらく出走がない感じでしょうか。。


ジョインザフロウ(0戦0勝)
父ルーラーシップ 母ウィズザフロウ

アンジェロフィリオ(0戦0勝)
父キンシャサノキセキ 母エンジェルフォール

レッドシンシア(0戦0勝)
父リアルインパクト 母エポカブラヴァ

未出走の3頭。全馬脱北済み、来年の3月頃までには全馬デビュー出来ると良いな。


2019年の一口馬主的な目標

なかなかの達成率でした。

5勝→達成
来年はさらに頭数が増えるので10勝を期待してます。そして重賞も、、

1/40口出資→未達成
サンデーRの新規申込で落ちてしまったので断念。浮いた予算でシルクで2頭に5口(1/100)いきました。シルクにある程度いったので、クラブは増やさず来年以降はシルクメインの予定です。

牧場見学→達成
社台ツアー、シルクツアー、ターファイトツアー、ノーザンファーム空港、ノーザンファーム早来、社台SS、坂本智広牧場とたくさん見学に行けてものすごく楽しかったです!来年もたくさん行きたい。

口取り参加→達成
3月のスイートセント@東京競馬場で達成。冷静に考えたら、競馬場に行ける日に出資馬が出走、クラブ内の口取り抽選に当選、そして出資馬が勝つって相当レアですよね。。

一口馬主仲間増加→達成
TwitterやLINEでの繋がり、飲みに行ける方も出来てとても楽しかったです。みんなで予想して馬券買って、飲み代がほぼ無料になったのは最高でした!


最後にオマケで2019年終了時点の各馬の回収率。

以上!!!